プラネタリウムと羊の意外な関係

「プラネタリウム」とは、プラネット(惑星)と、アリウム(何かを見る場所)を組み合わせた「惑星を見る場所」という意味。

18世紀後半、独学で数学と天文学を学び、自宅に世界初のプラネタリウムを作るという偉業を成し遂げた、オランダのアイゼ・アイジンガー。彼はなんと!国際コンクールでの優勝経験もある腕利きの羊毛職人でした!!!

アイジンガーはその後、プラネタリウムの精巧な作りに感嘆した科学者たちの推薦により、フラネケルの大学で天文学の教授に就任しました。
地道な努力を重ね「好き」を極めて本業に。
素晴らしい人生ですね!

実寸大レプリカは、名古屋市科学館で見られます。

名古屋市科学館


【プロフィール】
加藤・P・美紀

新羊社通信 編集長 兼 羊齧協会 対外宣伝部。千葉生まれ、千葉育ち、千葉在住の3冠を達成!
千葉を愛してやまない、本業リケジョ、ときどき羊。
ミドルネームのPは羊齧協会での呼び名”パイセン”から。イジられ系お笑い担当。

関連記事

  1. 西ヨーロッパ最古のチーズ「ペコリーノ・ロマーノ」その原料は羊乳!

  2. 羊羹になぜ羊の文字?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

募集中の協会イベント

  1. 羊フェスタ2018・総決起集会
  2. 羊香味坊。協会昔風の宴その2
  3. 【羊齧協会関西イベント】8月夏企画 浴衣でGO!
  4. 【終了】はじめての人歓迎!【昼酒】 【35歳以下の会3回目!】

人気記事

PAGE TOP