体が芯から温まる!羊肉を骨ごと味わう「羊蠍子鍋」専門店に行ってきた!

「羊の背骨」という日本ではあまり馴染みのない部位を豪快に使った中国の鍋料理「羊蠍子(ヤンシエズ)」。背骨の形が蠍に見えるところからついた名前で、非常に中国語っぽく、漢詩の白髪三千丈的な大陸らしいネーミングです。背骨の周りの肉と骨髄の味を楽しみ、その出汁で野菜なども楽しむ鍋料理で、寒い北京らしく、辛味の効いたスープで食べる名物料理です。新大久保の外れにある「蠍子王(しゃしおう)」は、ギラギラした看板、地下に降りる暗い階段とその奥から聞こえる中国語のTVの音声……となかなか入店難易度が高いお店ですが、実はいたって真面目な北京人のオーナーと店長が経営する、日本唯一の羊蠍子の専門店です。

参考:食楽web

 

関連記事

  1. 同じ羊を食らう第六回目 羊食べて、元気になってよ

  2. 麻布十番「羊SUNRISE」の“クセなし”ジンギスカン!

  3. 東京ラムストーリー・中野編

  4. 「アイスランド知って」 名東区に開店 /愛知

  5. freeeに現れた「羊部」!

  6. 火鍋だけじゃない!東京で食べられる冬ならではの羊鍋

  7. サイゼリアの羊串発売中止・原料不足との事

  8. 関西支部・真夏の札幌ジンギスカン!

  9. ラム肉が旨い魚の名店!?元築地の仲卸が経営する『寿シーフード』

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

募集中の協会イベント

  1. 終了・祝!羊名人あらたらなる船出。「羊名人ふりかけ」発売記念宴会

人気記事

PAGE TOP