延辺料理が特集される日・メシ通

延辺とは吉林省にある地域名で、朝鮮戦争時に中国に避難した朝鮮半島の人が中国に
住み着き、中国人となった「朝鮮族」という少数民族の居住地です。
そこで食べられる「韓国料理と中華料理のハイブリット」が延吉料理。
取材依頼があった時「ここまで来たかー」感があり、その後、
「詳しそうな人が誰もいなくて・・・・」との言葉にやはりなーと(ちなみに、私も専門家ではありません)。
北京時代、ものすごく食べた延辺料理ですが、日本でも徐々に増えてきてる気がします。

羊の串焼きを焼く炉が付いているテーブルがある場合は大体延辺料理となります。
また、慣れてくると店の名前のつけ方やメニューで「朝鮮族系の店だな・・・」と
わかるようになってきます。

この、羊の串焼きは、朝鮮族料理の特徴でもあり、朝鮮族の人が、
韓国で開いた羊串のお店が大ヒットしたりと、
色々な広がりが出できているんです。

北京時代ウイグル料理とともによく行っていたので、好きな味。
「甘くてすっぱくてやや辛い」のが特徴。

そして、写真撮られるとは思ってなかったので、
私髪ぼさぼさです。うかつでした。

記・主席菊池

▼記事はこちら
https://www.hotpepper.jp/mesitsu/entry/mitsutaro-zenko/2019-00186

関連記事

  1. 羊漢字湯呑の再販開始しました!

  2. 家羊はどこで買える?“迷える羊好き”のための羊肉テイクアウト・配達取扱店

  3. 羊を巡るニュースたち 第3回

  4. 噂の羊名人はここで買えます!

  5. 同じ羊を喰らう 第1回目 やながわ羊とワールドカップ

  6. フジテレビ 報道局 報道センター 『Live News it!』で主席菊池がコメント

  7. 長野支部誕生のお知らせ

  8. freeeに現れた「羊部」!

  9. 祝!羊名人(よーめーじん)市販化!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

募集中の協会イベント

  1. 登録されている記事はございません。

人気記事

PAGE TOP