新羊社通信の週刊羊ニュース!(2023/2/3)

1月があっという間に終わって、2月が始まり、今日は節分。
節分とは「季節を分ける」という意味で、つまりは季節が変わる日のことを指します。
1年の中では、二十四節気の立春・立夏・立秋・立冬と季節の変わり目の日がありますが、その前日全てが節分となるんだそうです。
その中でも春は新年の始まりという意味もあることから、室町時代以降、春の節分が重視されるようになったんだとか。
立春は、いわばもう一つの新年の始まり。
1年の始まりを仕切り直す良い機会かもしれませんね。
豆まきをして、鰯を食べて、改めてこの1年頑張っていきましょう!

では、今週の羊ニュースです!

 

1.今年も開催します!「味付ジンギスカングランプリ2023」

昨年大盛況だった味付ジンギスカングランプリ。今年も開催します!
今年は、下記のような内容で行う予定です。
ㅤㅤ
1、一般部門、ニューウエイブ部門(開発部門)の2部門制。
2、一般部門は、選考後消費者による決選投票が札幌で開催。
  改めて昨年エントリー商品に受賞の機会あり。(昨年の受賞商品は応募できません)
3、ニューウエーブ部門は、だれでも参加できる。そして新しい味付ジンギスカンを考えられる。
ㅤㅤ
受賞式は、去年と同じオーストラリア大使館。
ぜひ、我こそは!というメーカーさん、肉屋さん、シェフの方、お店やってる方、エントリーをお待ちしております!
一緒に羊肉業界を盛り上げましょう!

▼ 詳細はこちら
http://aussielamb.jp/lambassador/230201.html

▼ 味つけジンギスカングランプリ2023のエントリーはこちら
https://jingisukan-gp.com/entry2023/

 

2.モンゴル族の羊飼いに受け継がれるラムの味『草原の料理 スヨリト』at 神楽坂

出典元:80C(https://80c.jp/restaurant/20220126-2.html)

とってもと~ても気になるお店がオープンしました!
初めて羊をさばいたのは14歳という、内モンゴル自治区烏蘭浩特(ウランホト)出身のスヨリトさんが開いた「草原の料理 スヨリト」です。
スヨリトさんが丁寧に調理して、羊を余すことなく使い尽くされた料理は、どれもこれも本当に美味しそう!
記事を読んでいると、食べたくてうずうずしてきます。
羊肉ラバーは、絶対に一度は行くべきお店ですね!

▼ 記事はこちら
https://80c.jp/restaurant/20220126-2.html/

 

3.日本各地のあちこちで羊の赤ちゃんの誕生ラッシュ!

日本各地のあちこちで仔羊が誕生しています。
出産ラッシュは3月末頃まで続くそうで、牧場によっては300匹も生まれてくるそうです。
どの動物も赤ちゃんってとってもかわいくて癒されますよね。

▼ 記事はこちら
https://www.stv.jp/news/stvnews/cs3pdu000000h5on.html
https://mtfuji.keizai.biz/headline/2144/

 

 

関連記事

  1. 新羊社通信の週間羊ニュース!(20/11/01)

  2. 新羊社通信の週刊羊ニュース!(2023/3/24)

  3. 新羊社通信の週刊羊ニュース!(2023/12/8)

  4. 新羊社通信の週刊羊ニュース!(2024/4/19)

  5. 新羊社通信の週刊羊ニュース!(2022/08/26)

  6. 新羊社通信の週刊羊ニュース!(2023/7/7)

  7. 新羊社通信の週刊羊ニュース!(2023/10/27)

  8. 新羊社通信の週刊羊ニュース!(2024/2/16)

  9. 新羊社通信の週間羊ニュース!(20/06/11)

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

募集中の協会イベント

  1. 【募集中】【8月7日(水)】羊齧協会・8月避暑羊齧 用賀田燕居 羊フェスタ前夜祭…
  2. 羊フェスタ2024・11月3日(土)4日(日)中野セントラルパーク で開催。
  3. 【満席】【7月26日(金)】 原点回帰!200人を集めた伝説の味坊暑気払が 帰っ…
  4. 【満席】中国延辺料理宴会(朝鮮族料理)の雰囲気も含め最新が味わえる!会@羊炭長
  5. 【満席・終了】出版記念パーティー
  6. 【満席・終了】国産羊企画その2 南相馬市小高・相馬羊の宴

人気記事

PAGE TOP