さあ、鮟鱇漁師の木下さんに会いに行きましょう!!

「6つの海と2つの半島」をめぐり、青森の海とそこに生きる人の暮らしを巡る旅スタート。

前回の青森ツアーで、鮟鱇漁師の木下さんが「今度東京に鮟鱇持って行きます!!」から始まった物語は、木下さんの「風間浦に来て下さい!」の言葉から急発展。夏の青森、木下さんと仲間の漁師さんたちの職場である、「青森の海」をみんなで見に行きましょう。

そして、なかなかイメージがわかないけれど、海に囲まれた「海の県」青森の夏の海の魅力と、そこで生きる人たちの暮らしに触れる旅をみんなで、また、修学旅行や合宿のノリで行えればなと思い、関係各所に頑張っていただき、青森県の後援のもと、「青森県の6つの海と2つの半島と海の暮らし」を見に行きましょう!!

青森の6つの海。それは
「日本海」「十三湖」「津軽海峡」「陸奥湾」「小川原湖」「太平洋」
でして、各海各海で独特の私たちの知らない海の民の暮らしぶりがあるのです。

▼移動はこんな感じです。バスや船で青森の海を走り回ります。

 

このように、新青森から八戸までバスや船を駆使し、6つの海を制覇します。
六つの海にはそれぞれ独自の文化と、それに根ざした地元の方の生活があるのです。
観光名所などではなく、そこに暮らしている「人々」の暮らしを見に行くことが主眼です。
木下さんの「津軽海峡」の海を見るとともに、これら、青森の海を
みんなで体験して行きたいなと思います。

 

青森県などのバックアップで、普通の観光では経験できない、地元の人との交流が売りのツアーで、海もですが
みんなで見たいのが、「海で生活する人たち」となります。

なので、有名どころの観光地はあまり寄らず、
「人」に会いに行く旅となります。人と海を通じて、青森の文化のさらに奥をのぞいてみましょう。

まず、日程など簡単な物をシェアさせていただきます。

詳細と大まかな旅のルート


日程:7月15日(土)~7月17日(月・祝日)

金額:バス代宿代など全て込みで4~5万円で調整中
新青森集合・八戸解散・現地までの交通の手配は皆様でお願いします。

→往復夜行バスで交通費を思い切りおさえることもできますし、 飛行機で青森に乗りつけることもできます。
参考:夜行バスサイト

・集合 はやぶさ1号にて、新青森9時49分着 そのご、下の順番で巡って行きます。

1、十三湖

しじみの名産地十三湖にて、しじみ漁 など、しじみコンテンツを体験。
また、湖の漁師の生活と暮らしを知る。その場でしじみ汁、しじみラーメンなど。

2、今別(青森県東津軽郡の北部)

沖縄のもずくとは違う、「岩もずく」は歯ごたえがあり、採ったすぐのもずくを昆布出汁でしゃぶしゃぶにして食べる。
郷土料理研究会の方たちの食事を楽しみ、夜は地元の方と宴会。

→宿は、地元の方達の活動拠点でもある、海峡の家「ほろづき」。元中学校改造の宿泊施設で、
地元の方との交流を楽しみつつ、懐かしの合宿スタイルでの宿泊となります。

3、蟹田(太宰治の津軽に登場)
翌朝そこから陸奥湾フェリーにて、陸奥湾を横断。

4、脇野沢

津軽半島から下北半島に移り、脇野沢に上陸。
津軽の夏のお楽しみ、山盛りウニ丼などを楽しむ。


5、風間浦

木下さんの故郷、風間浦村にて、木下さんと交流。漁船乗船や雲丹漁→その場で試食体験など、
風間浦の漁師さんたちと漁師の暮らしぶりを体験。

6、下風呂温泉

みなさんか食べた鮟鱇の共和えを作ってくださった、まるほん旅館に宿泊。木下さんなど地元の方を入れて
地元の料理を味わいつつ大広間で宴会を行いましょう。旅館は懐かしの昭和の雰囲気あふれる宿。
男性は一部大広間での宿泊となり、修学旅行気分を味わえます。宿のお風呂もですが、
宿の前の公共浴場の湯も素晴らしい温泉です。

7、小川原湖

汽水湖である小川原湖は実は、日本一の天然ウナギの産地。
→コンテンツ調整中

8、八戸

太平洋の港八戸。烏賊の季節であるので烏賊をメインに据えようか・・・・・あまりにも
見てほしいものが多すぎて悩んでいるので、コンテンツ調整中としてください。

・解散 八戸駅にて解散 18:11 のはやぶさ 32号 にて東京へ

参加希望の方は下記よりご連絡ください! 正式な申し込みとなります。

まだ、情報が少ないですが、この情報で「行きたい!」方は下記より!羊ツアー2回とおなじ布陣で企画しますので、
期待は裏切りません。

▼こちらからお申し込みください

https://pro.form-mailer.jp/fms/82b6aef6120246

▼こちらのHPも更新していきますが、FBの方が情報が早いかと思います。
https://www.facebook.com/groups/1829100030653764/

YouTube Movie