昨年大盛況だった1日限りの羊フェスタ、あまりの盛況でキャンセル待ちが数百名出たあのイベントが
今年は場所とスタイルを変えて下北沢で「羊フェスタ2015@下北沢大学」として開催です!

羊フェスタ2015@下北沢大学とは

羊肉は世界各国で「ごちそう肉」として扱われている高級食肉ですが、日本ですと、以前安くてあまり美味しく
ない肉が出回ったこともあり、未だに認知度が低く、食べる人が少ない現状があります。

牛肉や豚肉を、あれほど多くの調理方法を楽しんでいる日本人が、羊に関しては一部の方たちが、限られた調理
方法を楽しんでいることが多い状況にあります。
実行委員会では「羊フェスタ2015@下北沢大学」を通じて、羊肉の魅力を引き出す様々な料理方法を紹介し、羊
肉料理の日本への定着に寄与したいと考えています。

また、日本の羊のみならず、世界各地の羊を紹介することも目的として居ります。
食べ物は、他国の文化を知り、興味をもつ近道です。何かとギスギスしがちな国際状況において、食を楽しみ、
他文化を理解することは、世界を少しだけ明るくすることにつながると、確信しています。
そして、多くの羊好きを一堂に会することにより、多くの人(消費者、メディア、関係者、流通業者)たちに「
羊肉の盛り上がり」をPRし、更なる羊肉の振興を計る事も目的として居ります。

イベントの特長

羊フェスタ 2015@下北沢大学は、「羊肉好きが、思う存分好きな羊が食べられる」世界の実現を目指し、羊肉の
消費者団体(任意団体)が運営する珍しい形のイベントです。
同イベントは、共催形式で、多くの団体の力を借りて、開催します。

他のフェスタとの違い

協会は、非営利団体であり、消費者主導で羊肉を盛り上げ、生産者、流通、提供するお店、消費者が羊を通して
つながることを旨に活動を行って居ります。ですので利益を求めて開催は致して居りません。
協会も、参加する業者さんやお店も、来場者も「羊肉を盛り上げる仲間」として、参加頂ければと考えて居ります。

また、ビジネスベースで運営して居りませんので、協会に資金的備蓄はございません。それゆえ、
出店料を実費でお店にご負担いただくため、やや高めとなってしまいます(汗)
この点、現在できるだけ協賛を集めるようにしていますので、その結果によっては費用を少し落とせる
可能性も有るかと思います。その点はご了承くださいませ。

また、出店いただける店舗さんには、クーポンやチラシなどを受付でチケット販売時に
配布させていただくと共に、PRする資料に情報や特徴をまとめさせていただき、
その後につながる出店に出来ればと考えて居ります。

後援いただいている団体

今回のフェスタは、協会のコンセプトに賛同した多くの団体より後援、協賛を受けて居ります。
ここでは、その一部をご紹介いたします。

共催(実行委員会)

・株式会社東京リサイクル(イベント会社)
・下北沢大学(下北沢商店街の関係団体)
・羊齧協会

後援

・在日オーストラリア大使館
・在日アルメニア大使館
・世田谷区

協賛

・MLA豪州食肉家畜生産者事業団

イベント詳細について

・イベント名:羊フェスタ2015in下北沢大学
・開催日  :2015117日、8日(11:0018:00)金曜日プレ開催の可能性あり(自由参加)
・場所   :下北沢駅前広場(駅から徒歩1分)
・来場予測数   :20,000人強(下北沢駅利用者数から算出)
・前売券販売予測数:3,000人(男女比4:6、30歳~45歳が中心)

・1店舗あたりの販売予想:1100食以上
・開催目的 :羊肉の魅力を引き出す様々な料理を紹介し、羊肉料理の日本への定着に寄与すること。
・コンテンツ:国内外の羊肉料理を提供する屋台、羊をテーマとしたパフォーマンスなど

会場情報

下北沢駅は、1日に京王線で114,056人が、小田急線で114,669人が利用する、プロモーション効果が高い駅です。
その北口改札から徒歩1分の会場ですので、下北沢駅利用者の目に留まる可能性が極めて高い立地条件です。
pr

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

前回の来場者層

フェスタ2014で、運営幹部が交換した名刺を見直したところ、シェフや料理店オーナー、グルメブロガー、出版・マスコミ関係者などの、羊肉を普及させる上で影響力を持つ層が、1割程度参加していました。また、協会の男女の比率は6:4と女性の割合が多くなることが予想されます。

fesu

 

マスコミ

羊齧協会は、様々なメディアに取り上げられている団体で、今回の1/6の規模で開催した「羊フェスタ2014」
も、多くのメディアに取り上げられました。

下記は羊齧協会と羊フェスタ2014を取り上げて頂いたメディアの一部です。今回もプレスリリース専門スタッフがプレスリリースを行い、メディアの来場を促します。

マイナビニュース/Yahoo!ニュース/るるぶ.com/朝日新聞デジタル/中華料理専門WEBマガジン「80C(ハオチー)」/Dancyu /夕刊フジ / 東京FM Blue OceanNHK あさイチ/日刊ゲンダイ/岩手日報/毎日新聞夕刊/講談社 forzaCredoBanqDAGZAJAPAN WEB MAGAZINEPouch/ネタりか/ことさが/Yahoo!beauty/中国ニュース速報/フードリンクニュース/イベニア/こくちーず/イベントナビ/Yahoo!ロコ/Livedoor地図情報/Dancyu / ラジオ日本・峰竜太のミネスタ /HONZ/小学館・女性インサイト/J-CASTニュース/gooニュース/togetterWomanExciteニュース/ナリナリドットコム/mixiexciteニュース/えん食べ/biglobeニュース/infoseek楽天ニュース/アメーバニュース/イロリオ/RETRIP/イベントチェッカー/JAPAN ATTRACTIONSCredo/ネタりか/ハートフルニュース

出店費用について

出店料: 100,000円(税込)(フェスタ全期間)
料理: 羊肉を使った料理(品数複数可)
出展者売上: チケット1枚につき420
提供量: チケット約1500枚分(目安)
設備: 別紙参照 (別紙は興味を頂いた方にお見せします)

炭火使用可能(炭および炭火用調理機材は各自ご手配ください)

※協賛の集まり具合によっては、ご負担いただく経費が下がる可能性がございます。
※一括で借りられるレンタル厨房機器をご用意して居ります。
※テーブル椅子保テントなどはこちらでご用意して居ります。
※テントサイズは 3.6m×2.7mとなります。
※お持ち帰りの容器や紙皿は店舗でご用意くださいませ。

収益シミュレーション

※全体でチケットが約10,000枚消費され、1店舗あたりチケット1,430枚分を売り上げると仮定
※詳細は資料をごらんください。(興味を持たれた方は資料をお送りいたします)

    利益      100,300円~ 程度を予想して居ります。人件費や材料費などにより大きく変動いたします。

出店までの流れ


~9月 出店可否のご決定
~10月 ご提供いただく料理の決定(大まかに)、イベント参加のご契約締結
~10月料理の提供方法のご決定

ご注意

当日は立地上かなりの混雑が予想されます。また、会場が手狭で、多くの人を並ばせることができません。
提供が早くできるお料理をお勧めいたします。また、飲食スペースまで距離が離れているので、
持ち帰りができる容器での提供をお勧めいたします。
 

申し込みについて

お申し込みは下記のフォームよりお願い致します。
詳細資料をお送りいたします。

会社名・団体名・店舗名
担当者名
メールアドレス
電話番号
担当者携帯番号
お店などのURL
提供予定料理詳細
料理決定は後でもかまいません
ご質問、お問い合わせなど

 

お問い合わせはこちらよりお願いします。

YouTube Movie