羊を巡るニュースたち 第2回

こんにちは。羊ニュース担当の廣瀬です

今年は猛暑ですね。そして、お盆過ぎになったとたんにグッと涼しいです。
まったくどうなっているんでしょうか。
この原稿はお盆過ぎの兵庫県北部の実家にて書いていますが、朝はすっかり涼しくて朝の散歩のときはTシャツだけでは寒くてパーカー羽織りました。

さて、この夏気になったニュースをご紹介していきます。

  • 菊池主席がNHK「あさイチ」に出演(2018年8月1日)

菊池主席がNHK「あさイチ」に登場。ラムバサダーとしての出演でした。
この番組に菊池主席が出演するのはひつじ年2015年の1月5日放送「特集“羊をめぐるアドベンチャー”」の時以来3年半ぶり

3年半前は「羊特集」というウールとかもろもろの羊関連全般が取り上げられ、
その中の1つとしての羊肉料理でした。

今回は特集がズバリ「羊肉」。

そして、スタジオできちんとゲストとして語る・・。
羊肉の社会的普及を物語るものに感じました。

▲今回。ラムバサダーとして出演の菊池主席。さすがの安定感ある振る舞い。

▲前回。3年半前。若干色物的か?何か歌いだしそうです。

▼NHK「あさイチ」2018年8月1日
http://www1.nhk.or.jp/asaichi/archive/180801/1.html

■ 「羊文学」1stアルバム「若者たちへ」2018年7月25日リリース決定!
「羊文学(ひつじぶんがく)」。
ネットなどでチラチラ見かけるたびに「む?」と気になっていました。
何者なのか分からなかったのです。もっとも今もそんなには分かっていません。
「羊」のもつ神秘性というか透明感?(あるかな・・)知的な響き?が私の興味を引き付けました。
これが「牛文学」「豚文学」「鶏文学」という名前だったら気にはならなかったと思いますし、そもそもちょっとカッコ悪いです。

グループの公式サイトによると
「2012年、5人組コピーバンドとして結成。受験のための活動休止と数回のメンバーチェンジを経て、
17年2月に現在のメンバーとなる。東京都、下北沢を中心に活動。
多くの音楽から影響をうけた重厚なバンドサウンドと、意思のある歌声が特徴的なオルタナティヴロックバンド。」
とのこと。
そして、全体的にメンバー個人個人が謎です。その謎さがすばらしい。

この羊文学の曲が主題歌となっているのがYouTubeドラマ「放課後ソーダ日和」。
世界一美しい飲み物 「クリームソーダ」を求めて、いくつもの純喫茶を巡り歩く女子高生たち。
放課後に始まる、少女たちだけの小さな冒険。都会的で、素朴で、透明でつかみどころないようでベタなドラマ。

羊文学の音楽と絶妙なハーモニーです。あれ、羊文学でなく「放課後ソーダ日和」の宣伝になってしまった?

▲羊文学。なぞの3人組グループ。名前の由来を知りたいです。
▼羊文学「天気予報」(「放課後ソーダ日和」テーマ曲の1つ)

▼「放課後ソーダ日和」第1話

●引用元
・羊齧協会公式Facebookページ(https://www.facebook.com/hitujikajiri/)
・「羊文学」公式サイト。 (https://hitsujibungaku.jimdo.com/)

●プロフィール
廣瀬達也
羊齧協会政治局長兼関西支部長。兵庫県出身。中小企業診断士。2018年1月、3年間暮らした神戸から東京に復帰。
高校卒業以来の兵庫県生活で「自分は但馬牛の産地である兵庫県但馬地方の出身だった」という事実に改めて気づいた。
が、牛への想いを抑えつつ、関西支部長として関西で羊齧協会の旗を死守。
東京復帰後も関西支部長のポストにしがみつく。
(中小企業診断士的に言えば、こういう組織のポストにしがみつくオヤジはアウトです)

関連記事

  1. 羊を巡るニュースたち 第5回

  2. 羊を巡るニュースたち 第4回

  3. 羊を巡るニュースたち 第3回

  4. 羊齧協会・第4期(令和1期)幹部候補生公募

  5. 六甲山牧場の羊たち

  6. 羊を巡るニュースたち

  7. 令和最初のラム肉祭り!君は溢れ出る羊肉に立ち向かえるか?!

  8. 祝!羊名人(よーめーじん)市販化!

  9. 羊フェスタ2019inなかのアンテナストリート開催!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

募集中の協会イベント

  1. 羊フェスタ2019・羊齧学会開催(入場無料)
  2. 羊フェスタ2019inなかのアンテナストリート開催!
  3. 満員御礼・公式イベント・ウエールズラムの日本到着を大勢で祝う祝宴
  4. 【第一報】羊フェスタ今年も11月2日3日開催です! 
  5. 羊フェスタ名物!総決起集会1回目!という名前の宴会。

人気記事

PAGE TOP