コラム旅羊 ~その5〜シルクロード・ムラト(埼玉県)

前回は東京・初台の名店シルクロード・タリムさんをご紹介しましたが、今回は日本におけるウイグル料理店の先駆けである、埼玉・与野のシルクロード・ムラトさんをご紹介いたします。

こちらは南与野駅から約1.6km離れたマニアックな立地ですが、2000年代前半から続く、ウイグル料理の老舗です。今でこそ池袋や西川口の「現地的な中華」が脚光を浴び、今まで少なかったエリアの中国料理を頂けるようになりましたが、10数年前にウイグル料理専門店を出されたとは、英断中の英断でしょう。
確かな味わいに魅了された方に支えられ、今に至るわけですね。

お店の外観はウイグルのロードサイドレストランのような風情(笑)
きらびやかに輝くネオンが否応なしに目を引きます。
タクシードライバーの方も「ああ、あの派手なお店ね」と一発認識されました。

肝心のお味はと言うと、申し分無い味わいです。
シルクロード・タリムさんと遜色ないクオリティのお料理を頂けて、
特に羊肉系の一品料理は首都圏随一なのではないかと思います。

羊のタンの塩茹でである【ティル】は嫌なクセが無く、香りとして羊を楽しめます。

 

ウイグル風ミートパイである【グシ・ナン(ゴシ・ナンとも)】はサクサク生地と羊肉が最高の組み合わせ。

 

メニュー名は【シシ・カワプ】で、中国語で言うところの「羊肉串(ヤンロウチュアン)」。
肉と脂身を織り交ぜて串打ちしている点がこちらの工夫。
立地柄かクミンと辣椒(唐辛子)が控えめだったので、マニアな人は増量でオーダーされてください(笑)

 

こちらの【ラグメン】麺が申し分のない美味しさで、具が多種多様な点が特徴。
ジャガイモを用いている点に加えて、生姜と花椒を爽やかに利かせている点に中国色が強いと感じます。
そして、ニンニクとニンニクの芽を使っているので、力強い味わい。
シルクロード・タリムさんよりもアレンジを利かせている印象のラグメンです。

 

ウイグル式のピラフ、【ポロ】。
羊肉を使用しているとは思えないほどに親近感のある味わいかと思います。
羊肉に少し抵抗感がある方でも頂けるのではないでしょうか。

 

長年愛されている理由に納得の味わいです。
家族経営らしい温かみのある接客、雰囲気も強く記憶に残りました。

 

 

【プロフィール】
Yuya Otani
海外と全国を飛び回り、鮨、日本料理、中国料理、エスニック料理(全般)を食べ歩いている食の旅人。
経費や「ゴチ」の世話にはならず、身銭を切って消費者目線でリアルな意見を伝えている。
有名店だけでなく知られざる名店を開拓するのが大好き。鮨、日本料理についてはブログにて紹介中。

すしログ
http://edomae-sushi.hatenablog.com/

 

 

 

 

 

関連記事

  1. 羊の香りは草食動物の香り

  2. コラム旅羊 ~その4〜シルクロード・タリム(東京都)

  3. コラム旅羊 ~その3〜アリアナ・レストラン(千葉)

  4. 同じ羊を喰らう 第三回目 羊について考える時、カレーについて考える時

  5. 同じ羊を喰らう 第二回目 寒い国の羊の熱々ポイント

  6. コラム旅羊 ~その2〜アリアナ・レストラン(名古屋)

  7. オージー・ラムの特徴とは?〜大きなオーストラリアの羊たち〜

  8. 同じ羊を喰らう 第1回目 やながわ羊とワールドカップ

  9. 羊齧協会より皆様に新年のご挨拶

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

募集中の協会イベント

  1. 原点回帰!味坊暑気払
  2. 協会監修・羊レシピ本出版記念パーティーのご案内
  3. 絶滅危惧からの、みごとな復活! 青森県階上町の南部羊、初出荷を祝う会!
  4. 羊フェスタ2018・総決起集会

人気記事

PAGE TOP