羊齧協会・第4期(令和1期)幹部候補生公募

■ 新しい状況に即応するために新幹部を募集。

昨今、羊肉の魅力にようやく日本人が気付き始めました。多くのスーパーでの販売、羊を提供する店舗の増加、NHKの番組「食彩の王国」で特集されたりと羊肉を取り巻くブームはここ数年で盛り上りを見せており、羊肉が食材として固定化されつつあるように感じます。

当協会も、家羊の普及促進のため「羊レシピ本」の出版や、「羊肉専用スパイス」の販売協力など、一過性で終わらせないよう、様々な方法でその一端を担ってきました。

 


▲2019年4月発売のレシピ集。

現在、羊肉を取り巻く状況はかなりのペースで変化してきております。

大好きな羊肉が、気持ちの良い形で家庭に入っていく。また多くの店舗で魅力的な羊のメニューが提供されるといった、我々羊好きが「おいしく楽しくどこでも羊が食べれる世の中」を作るため、協会の幹部として、もう一歩羊活動を進めていきたい方を初めて公募いたします。

任務は、羊を流行らせるための諸業務です。特技ややりたいことや希望に合わせて、担当部署を決めていきます。また、仕事の余暇的にやっていただく形になりますが、本業の忙しさを理由にせず協会の活動を一緒に進めていただける方の募集となります羊を取り巻く状況も以前とは比べようもなく大きく変化し、
それに伴い協会もより能動的な消費者集団として積極的に動いていく必要があります。

今回募集する人材の一例をあげますと、

1、外交的人員

協会は現在複数の国と地域とにかかわりを持っており、共同で羊をとっかかりとしたイベントの開催や相互理解を促進する施策を行っております。そのサポート。並びに羊を扱ういまだ接触のない国々に対し積極的にアプローチをかける人員。

2、デザイン的人員

協会HP「新羊社通信」を制作しているメンバーはおりますが、ちょっとしたデザインなどを通し、羊肉を取り巻く環境を大いに盛り上げてくれる人員。また、デザインと羊で面白い事をやってみたい人員。

3、コミュニティデザイン的人員

場を作り、積極的にコミュニティ作りを指導し、その効果を理解する人員。

4、イベント運営的人員。

イベント運営の根本を理解し、企画の立て方、コミュニティの連動、集客方法など、学びつつ実践したい人員。

羊齧協会は、羊好きが集まった消費者団体です。消費者を集めてコミュニティ化し、好意的第三者として、業界に消費者の意見を届けるという社会実験的な側面も持っています。またコミュニティの実験場としての団体でもあり、その技法や考え方など実際に知りたい方なども歓迎です!

特典

TOP写真の組閣などに出れます(笑)

また、羊肉をとっかかりに消費者集団が好意的第三者として多くの施策を通し、一つの物を流行らせていく経過を裏側から見れること。また、イベントと大型イベントコミュニティのかかわりなど、コミュニティデザインと、人々が集まるとどのような事が起こるかなどが理解できます。

理解とともに、新しい概念である「コミュニティデザイン」の実際的実践的事例生で体験し、その進化と陳腐化を防ぐためのせめぎあいを生で見ることができます。

募集詳細

詳細   :羊齧協会・第4期幹部候補生公募
募集条件 :羊好きで、協会のカラーにあう方
公募は35歳以下。(超えていても熱意ある方は備考にその件を!)
募集人員 :若干名
進め方  :応募者は菊池などの羊とコミュニティと消費者についての考え方についての講座を受けてもらいます。
そのうえで、最高幹部4名の合議制で決定します。
期間   :通年で申込受付
任務   :羊肉を第四の食肉にするための各業務。コミュニティの運営。編集文章作成など。

さあ!来たれ勇者!まずは、下記より応募を!!

募集担当:協会中央委員会 書記:原田
主席:菊池

応募は下記より

https://pro.form-mailer.jp/fms/96de8ed7169569

関連記事

  1. 六甲山牧場の羊たち

  2. 羊を巡るニュースたち 第4回

  3. 羊を巡るニュースたち 第2回

  4. 羊を巡るニュースたち 第3回

  5. 羊を巡るニュースたち

  6. 祝!羊名人(よーめーじん)市販化!

  7. 令和最初のラム肉祭り!君は溢れ出る羊肉に立ち向かえるか?!

  8. 食楽WEB 羊の話・ティスカリ

  9. フジテレビ 報道局 報道センター 『Live News it!』で主席菊池がコメント

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

募集中の協会イベント

  1. 家羊はどこで買える?“迷える羊好き”のための羊肉テイクアウト・配達取扱店

人気記事

PAGE TOP